マルヒロ不動産株式会社 3分

新潟駅前 昭和38年創業の安心と実績

HOME ≫ 会社概要

カリフォルニア > 「S」 > Silverado 【シルヴァラード】:カリフォルニアワインのYANAGIYA - c1aa9

2019-08-14

シルヴァラード(シルバラード) カベルネ・ソーヴィニヨン "ソロ" スタッグスリープディストリクト [2013] (正規品) Silverado Solo
■S.L.D.を舞台にディズニー家が描く虎の子の独奏曲。
眠れる獅子が、遂に【RP95点】到達!いま、覚醒の時。

【Silverado Cabernet Sauvignon "Solo" S.L.D. 2013】

ディズニー・ファミリーはワインでも人々を魅了する…


■「一時はパーカー氏から【70点台】を付けられるなどして底辺を彷徨ったS.L.D.の眠れる獅子が、遂に完全復活の狼煙を上げる!」

↑…と申し上げたのは、数年前に'04年をご案内した時のことでした。一層と磨きを掛けて舞い戻ったシルヴァラードの躍進は、もう誰も止められない…'07年から連続するナパの当り年にて、完全復活の狼煙をあげています(この'10年は各メディアとも今後の発表)。

「ヴァレーの中のヴァレー」とも呼ばれるナパは小区画スタッグス・リープ・ディストリクト(以下S.L.D.)。このエリアにて、80年代から輝きを放つ 『シルヴァラード』 は、あのウォルト・ディズニーの娘であるダイアン・ディズニー・ミラー女史とその夫により、1981年に設立されたプレミアム・ワイナリー。父ウォルトは魅力的なキャラクターとそのアニメによって一世を風靡しましたが、娘のダイアンはワインという芸術品で人々を魅了し続けています。

英デキャンター誌にて年に1度発表される最高栄誉【Wines of the Year】の大舞台で、見事カリフォルニア部門から選出されたワインもこちらの 『シルヴァラード・カベルネ "ソロ" S.L.D.』 でした('04)。英国マーケットに対する絶大な影響力を持ち、主にボルドー、ブルゴーニュ、そして南アとヨーロッパ系ワインに高い評価を与えて贔屓にするデキャンター誌の選出では、常にニューワールド…特に米国産ワインは憂き目に逢います。例えば同アワードに選ばれたフランス・ワインは約120。対してカリフォルニアからはわずか40本と、その数1/3(赤)。今何かと騒がれているカリ・ピノなんて「0本」でしたから、なんとも厳しい…というよりも相手にされていない感すら。

そんな中での受賞作は、「濃度よりも洗練性」を重視した作品ばかり。ですのでもし貴方が「自分もそういったスタイルがツボ」と仰る、格調高きカベルネの支持者であれば、狙うべきナパはこのソロ。シルヴァラードが手掛けるワイナリー最高位の旗艦キュヴェであり、随分と販売実績を積んだ日本正規エージェントへも、過去配布量が三桁に届いた試しはいまだ一度もない(もちろん箱数でなく本数で)、品質と希少性を兼ね備えた「逸品」です。


▼シルヴァラード・ヴィンヤーズ(Silverado Vineyards)
この地区から生まれる全ての作品に天使の息吹を吹き込むカベルネの聖域スタッグス・リープ・ディストリクトA.V.A.(以下S.L.D.)。カリフォルニアで最初に認定されたA.V.A.の1つであり、ナパで最も小規模な区画の1つでもあります。このほんの小さな極一画からは、代々歴史的にも意義ある最高のカベルネが誕生してきました。有名な1976年米仏ブラインド対決である通称パリ事件、そして10年後のリターンマッチ、それぞれの優勝者である 『スタッグス・リープ』『クロ・デュ・ヴァル・カベルネ』 そして【RP100点/WE100点】のダブルパーフェクトを叶えた 『シェーファー』 はいずれもこのS.L.D.から生まれた作品です。

「ヴァレーの中のヴァレー」とも呼ばれるこのエリアにて、一際輝きを放つ名手…それがシルヴァラード。ひたすら「強さの中にもエレガントさを」というポリシーのもとワイン造りを続けきたシルバラードは、あのウォルト・ディズニーの娘であるダイアン・ディズニー・ミラー女史とその夫により、1981年に設立されたプレミアム・ワイナリーです。父のウォルト・ディズニーは魅力的なキャラクターとそのアニメによって世界中の人々を夢の世界に誘いますが、娘のダイアンはワインという芸術品で人々を魅了しているのです。

一時は底辺を彷徨うも…それは果敢なる挑戦の裏返し。
冒頭にも述べましたが、シルヴァラードが歩んだ歴史は、決して平坦な華々しいだけのものではありませんでした。【WS97点】を2本も排出し、絶頂期を迎えた80年代後半から90年代前半、当時これを越えるS.L.D.産カベルネは、『カスク23』 の1985年ヴィンテージただ1本のみ。つまり嘗てはあの 『スタッグス・リープ』 と並ぶこの地のNo.1プロデューサーでありました。しかし90年代中盤から後半にかけて品質の低下が起こり、パーカー氏からも70点台を付けられるなどして一時は底辺を彷徨います。ただ、これはシルヴァラードが手を抜いたからではありませんでした。むしろその逆。実は彼らは常に最高のワイン造りのために絶え間ない追求をし、畑やセラーテクニックの改善、新たなブドウ樹のスペーシング、仕立て方、台木の選択、新酵母、オーダーメードの新たな樽、最新設備の導入などなど、常に「変化」と「進化」を自らに課していました。それらにはリスクがつきもので、進化の過程には確かに質を落とした時期もあります。しかしそんな生みの苦しみの期間を乗り越え、追及の結果がようやく形となって花開いたのが2000年代。二大誌でも再び大台突破の作品を続々と完成させました。

今作 『ソロ』 も然り。シルヴァラードの最高級キュヴェにしてワイナリーを囲むようにして立地する、彼らの心臓にあたる畑からのシングル・ヴィンヤード。カリフォルニア州法では、85%の果実を用いればS.L.D.が名乗れますし、75%以上のフルーツを使えば単一品種(この場合カベルネ)が名乗れますが、しかし彼らは100%S.L.D.産の、100%カベルネに拘り、その中に自らの誇りを見出し、表現しました。「独奏」を意味する名称、"ソロ" とは、そんなことから生まれた名前なのです。スコアに捕われずとも、これほど高品質な「100%S.L.D.産カベルネ」としたって、同価格で他に候補があるでしょうか?ワイナリ価格$110にも遜色なし。

嘗ての鬱憤を晴らすように…もう、どうにも止まりません。

【USR】【CAB】

■96本完売! 6本追加いたしました。
■サクラ・アワード【Double Gold】

≪「サクラ・アワード・2017」ダブル・ゴールド受賞≫
完売致しました。有難う御座いました!

お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • クール便
  • 店頭受取

お問い合わせ

モバイルサイト

マルヒロ不動産株式会社モバイルサイトQRコード

マルヒロ不動産株式会社モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

--